トランプ氏が薄毛箇所に言及、「必死に隠している」と認める

AGA治療

特殊な髪型で特徴なトランプはハゲ疑惑がよく取り出されていた。
少し古い話題ではありますが、既に彼は自分が薄毛で悩んでいる事を告白をしてました。もちろん年齢的な理由もありますが典型的な男性型の脱毛症だったようです。

2018年2月23日、トランプ米大統領が演説中に自らの後頭部の薄毛箇所に言及、必死に隠していると認め、聴衆の笑いを誘った。

トランプ氏は、保守政治行動会議(CPAC)で1時間余り演説。その最中、画面に映し出された自分の姿を見て、「なんと素晴らしい画像だろう。この人の演説を聞いてみたい」などと述べ、支持者を笑わせた。

また、後頭部に薄毛の箇所があるのに気づき、毎日やっている髪をかき集めるしぐさをしながら「この禿げた部分を必死に隠そうと試みている。一生懸命頑張っている」と聴衆に説明した。

トランプは無理なハゲ治療が裏目に出た

これより前の1月5日にトランプ政権の暴露本(Fire and Fury: Inside the Trump White House(炎と怒り、トランプ政権ホワイトハウスの内幕))が発売されている。


この中ではトランプの長女イバンカ・トランプの証言とされる部分で「トランプヘア」誕生の謎について触れられている。

トランプはハゲ治療の一環として頭皮縮小法という外科的手術を受けたが、これがいけなかった。
この頭皮縮小法というのは毛のない部分の頭皮を除去し、そこに毛の生えた部分の頭皮を引き伸ばすことではげている面積を小さくする方法だが、術後に毛流れが不自然になってしまった。
頭全体の髪の毛は同じ向きで毛先は1カ所に。そこをヘアスプレーで固めているそうだ。このようにして独特なトランプのヘアスタイルが生まれたようです。

トランプはこれに加えて、脱毛症に効くとされるフィナステリドを服用しているという医師のコメントも出た。

詳細検索 - フィナステリド

フィナステリドは薄毛治療の中でも抜け毛を予防する医療薬として多く利用され、現在は安価に利用できるAGA治療薬です。

トランプのハゲ状態は確認されている

これより前の2016年9月に出演したコメディアンのジミー・ファロンが司会を務めるトーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』では、トランプは髪の毛をファロンにぐじゃぐじゃに触られている。大統領選の共和党指名争いをしていた2015年には、サウスカロライナ州で開いた会見で聴衆の女性を檀上に呼び、ここでも頭髪を触らせ確認させていた。

トランプの薄毛確認1

トランプの薄毛確認2

トランプのヘアスタイルのセット法

それでも個性的な髪型ですが、どのようなセットをされているのでしょうか。英語ですが、実際にトランプさんの髪型の構造やセット法を解説した分かりやすい画像がありましたので、そちらとともに紹介していきます。

トランプのヘアスタイルのセット法

左側の手順を簡単に和訳してみると(簡易訳です)

  1. 薄くなった前髪をサイドへ流す
  2. 最も長い後ろ側の部分の髪を前へ、下層の髪と90°になるように流す(最も重要!)
  3. 3区分目の髪を耳に沿って取り、トップの薄い部分の周辺にあたるような角度に流す
  4. 耳の上の部分の髪を後ろへ流す

AGA(男性型脱毛症)では影響が出にく側頭部や後頭部の毛髪を薄い部分の頭頂部に流すのはよくあるハゲ隠しの手法ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました