AGA治療をより良くするミノキシジルとフィンペシアの併用

AGA治療

ミノキシジルって何?フィンぺとの併用はより効果的?

リアップX5 PLUS【大正製薬】

ミノキシジルは国内でたった一つのの発毛剤として認可されている薄毛治療薬です。ミノキシジルは日本ではリアップとして販売されており俳優の水谷豊さんがCMで「発毛効果があるのはリアップだけ」とよく言ってるので知っている方も多いかもしれません。ミノキシジルはフィンペシアの主な成分であるフィナステリドと作用機序が異なっており、両方同時に使用することで別の手法で発毛と育毛を促していているのでより良い効果が望まれます。 フィナステリドは男性型脱毛症ガイドライン(日本皮膚科学会作成の薄毛治療の指南書)で最も高い推奨度Aに分類され、ミノキシジルもまた推奨度Aに属しています。そのためミノキシジルは多くのAGA専門クリニックや病院でフィナステリドと合わせて処方される事が多いです。

ミノキシジルは服用タイプが効果的なのは常識

ミノキシジルは頭の皮膚に直に塗布する外用薬と、錠剤を服用する内服薬の2種類があります。国内で認可を受けているのは外用薬のリアップのみになります。ただ自由診療を行っているクリニック等では外国産の輸入した錠剤のミノキシジルも処方されています。

ミノキシジルの錠剤は高血圧の医薬品として認可を受けており薄毛の治療では認可を受けていません。ただ錠剤のほうが体全体に入るので塗り薬が入りづらい頭皮の深くにまで有効成分がしみるので、塗り薬よりも錠剤のほうがより高い薄毛治療の効能が望まれます。しかし、成分の作用が強化されるため、塗り薬よりも錠剤のほうがより強い副作用が現れる可能性が高いです。

フィンペシアとミノキシジル錠剤は、共に個人輸入代行サイトでオンライン購入が出来ます。どちらもウェブで気軽に買える薄毛治療薬として有名でとても人気があります。

ミノキシジルでフサフサになったという話を聞いたことがありますか?

ミノキシジルは5%まで認可

ミノキシジルに発毛、育毛効果があるのは間違いは無いようで、女性も使用ができるの点でミノキシジルは人気があります。

薬局で購入ができ外用タイプの大正製薬(ミノキシジル5%)の試験結果で、一定の効果が報告されていますが、外用タイプは海外では10%が主になっております。

ですが、残念なことに国内で承認されているのは5%の外用タイプだけす。

髪の毛をフサフサにするにはミノキシジルが5%では成分量が少ないようです。残念ながら厚労省が5%までしか許可をされてなかったためです。

ミノキシジル配合のリアップにおける臨床試験で証明された確かな効能

ミノキシジルの発毛と育毛の効能は、国内で大正製薬が行ったリアップ・ミノキシジル5%製剤の臨床試験で証明されています。臨床試験はAGA患者が対象となり、1年強の期間にに渡って投与し、その効能を測定しました。

ミノキシジル5%の投与によるドクターの評論

ミノキシジル5%投与における医師の評価

出典:リアップX5プラスの発毛効果データ | 大正製薬

ミノキシジル5%の継続的な投与によっておよそ1年後には、著名(ちょめい)改善(薄くなった部位の密度が上がり薄毛になっていない部分と同じくらいまでになった)、中等度改善(薄くなった部位の密度が上がったものの薄毛になっていない部分と比べるとまだ密度が低い)、軽度改善(頭皮の毛1本1本には分かりやすく成長が見られるが、薄くなった部位を全て覆うまでには至っていない)を合せると90%以上になり、被験者の状態は改善される可能性が高いので有効性が認められました。

ミノキシジル5%の継続投与による被験者の毛髪状況

ミノキシジル5%投与における被験者の印象

出典:リアップX5プラスの発毛効果データ | 大正製薬

またリアップを使用した被験者が自身の頭皮の毛髪に関する印象を回答した調査結果では、「非常に良くなった」「良くなった」「少し良くなった」「変わらなかった」「悪くなった」の5段階で主観評価が行われました。およそ1年後では「非常に良くなった」「良くなった」「少し良くなった」のどれかを選択した被験者のパーセンテージが、全体の90%を上回りました。この結果からも被験者の90%以上のが効果を体感したと言うとが分かります。

ミノキシジル5%の継続投与による毛髪総数の遷移

ミノキシジル5%投与における毛髪総数の遷移

出典:リアップX5プラスの発毛効果データ | 大正製薬

被験者は頭皮1cm2あたりの全ての毛髪の数を定期的に数えたところ、約1ヶ月後に1.4本、約2ヶ月後に19.0本、約1年後には21.6本の増量の確認がされました。この調査から、頭髪の量が6ヶ月で明らかに増えていることが分かりました。

ミノキシジル5%の継続投与による太い毛髪数の遷移

ミノキシジル5%の継続投与による太い毛髪数の遷移

出典:リアップX5プラスの発毛効果データ | 大正製薬

被験者の頭皮に1cm2あたりの太い(太さの基準は40μm以上の毛髪)毛髪数の変化を記録したところ、約1ヶ月後に0.8本、約2ヶ月後に15.3本、半年後には25.6本の増量が判明しました。このレポートから、毛髪数が増えただけではなく、元から生えていた毛髪を丈夫に太くする効能もも発揮されたことが考察されます。

参考:リアップX5プラスの発毛効果データ | 大正製薬

頭皮の血の巡りを良くして毛母細胞を活性化させる

ヘアサイクルとミノキシジルの作用

出典:ミノキシジルの作用と効果データ | 「リアップ」シリーズ | 大正製薬

ミノキシジルはフィンペシアと違って男性ホルモンに作用することはなく、異なる働きで発毛と育毛の手助けをします。フィンペシアとミノキシジルは掃除に使ってもお互いに影響しません。2つの薬が補いながら作用する事によって効率的に薄毛を治療することが出来るでしょう。 ミノキシジルの発毛と育毛の効能は、使用をスタートしてから約4ヶ月後に見られることが多いです。効能を体感するには、日々途切れなく続けての使用が大事です。

作用機序(ミノキシジル)

ミノキシジルの作用機序として、血液の管にある細胞内のKATPチャネル(ATP感受性Kチャネル)というイオンが通過する道が開かれます。KATPチャネルが開放されると、細胞内にATP(アデノシン三リン酸)という成分が流入します。ATPは細胞内でエネルギーを生成し、血液の管内の壁を構成している血管平滑筋という筋肉をゆるめます。血管平滑筋がゆるむと、血管が膨張し血流量が多くなります。

また、KATPが開放されると頭皮の毛の根本にある細胞の毛乳頭細胞で成長因子されるタンパク質の生産が促進されます。成長因子は毛母細胞の育成に無くてはならない蛋白質で、この蛋白質が増えると毛母細胞の成長が促されます。ミノキシジルの働きには他にも、IGF-1(インスリン様成長因子1)、VEGF(血管内皮増殖因子)のような成長因子が増えることが判明しています。成長因子はディープグロース効果と相まって毛母細胞を丈夫に育て、毛髪を太く長くすることが出来るのです。

参考:ミノキシジルの発毛作用について:PDF

使用方法(ミノキシジル)

ミノキシジル塗り薬の正しい使い方

ミノキシジルの塗り薬は日本でリアップとして薬剤師がいる薬局で買える他、オンライン通販ではアクタビスやフォリクロンなどの外国の商品をを個人輸入することができます。塗り薬は主にローションタイプ、スプレータイプ、クリームタイプがあり、成分含量も1%から16%まで幅広い商品が販売されています。

1度でで塗布する分量はそれぞれの製品ごとで違いますが、1日の使用回数はどれも1日つき2回です。理由として薬の効果を一定にするために、半日の12時間の間隔を保つ必要があるからです。
一般的に多く使われているローションタイプは、1回で1mlが使用量となっていたて、リアップにおいてはゲースの先端部についたノズルの中ほどに、計量室があり簡単に正しい分量が出せる構造になっています。外国の製品でも、ケースに1mの目盛り付きのノズルやスプレータイプのノズルが搭載されているので安心して使用できます。

参考:製品情報 | リアップX5プラス | 大正製薬

ミノキシジル錠剤の服用方法

ミノキシジル錠剤は先行医薬品としてロニテンが存在しますが、こちらはオンライン通販で購入できるのは後発医薬品のミノキシジルタブレット等があります。ミノキシジル錠剤は他にも多くの後発医薬品が売られていますが、成分の容量はは2.5mg、5mg、10mgのいずれかになります。

ミノキシジルタブレットは元々は高血圧の医薬品のため、添付される説明書には高血圧の方向けの使用方法のみが書かれています。添付される説明書によれば用法・用量として1日

1回5mgから飲み始め、適切な血圧に管理します。調整が必要な場合は1日10mg、20mg、40mgと徐々に容量を増加させ、使用する頻度も適宜増やしたり減らしたりします。1日の最大容量は100mgですから、これを過ぎない容量でので服用を継続します。

AGA治療に対して使うパターンは、1回あたり1錠を1日1~2回服用する程度に抑えましょう。実はミノキシジル錠剤は非常に強い降圧剤ですので、余分に服用されると心血管系の副作用が激しく出る危険があります。絶対に多く服用しないようにご留意して下さい。

ミノキシジルの副作用

血管が拡張による血圧の変化での頭痛やほてり、むくみ等

ミノキシジルのメインの副作用は簡単に分けると2つあり、血管を拡張する作用での急速なな血圧降下と、塗り薬の塗布による頭皮への直接的な刺激があります。

急速な血圧の降下によって引き起こされる主な副作用は次の通りです。

  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 手足のむくみ
  • ふらふらする
  • 胸の違和感
  • 心拍数の上昇
  • 原因不明の突然の体重増加

塗り薬の頭皮への直接の刺激によって引き起こされる主な副作用は次の通りです。

  • 頭皮の腫れや赤み
  • かゆみ
  • かぶれ
  • フケ
  • 塗布した部位が熱をもつ

錠剤は直接的な刺激による副作用が全くない一方で、血圧降下による副作用が引き起こされやすい為、服用には細心の注意が必要です。

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルを飲んではいけない人

次に当てはまる人はミノキシジルの使用が禁忌となります。

  • 今までにミノキシジル製剤を使った際にアレルギー症状が見受けられた事がある人
  • 未成年の人(日本での臨床データが存在せず想定しない副作用が現れる可能性があるため)
  • AGA(壮年性脱毛症)以外の人(円形脱毛症や抜毛症による脱毛など)
  • 脱毛の原因が明らかになってい人

急激な脱毛であったり毛髪が斑状に不規則に抜け落ちてる人(AGA以外の脱毛症である確率が極めて高い)

ミノキシジルの使用に注意すべき人

次に当てはまる人はミノキシジルの使用をする前にクリニックのドクターまたは薬剤師に相談が必要です。

  • これまでにに医薬品や化粧品を使用してアレルギー症状を引き起こしたことがある人
  • 高血圧及び低血圧の人(ミノキシジル血圧が急激に下がる恐れがあるため)
  • むくみがある人(ミノキシジルの副作用によりよりむくみが悪化する場合があるため)
  • 家族にAGAの人がいない人(AGAは遺伝する子が多いため。家族にAGAの人がいない場合はAGAではない確率が高いです)
  • 65歳以上の人(高齢者には副作用がより顕著に出る可能性があります)
  • 甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症等)の診断病院より受けている人(AGAによる脱毛ではなく甲状腺機能障害による脱毛の場合がある)

その他の注意点

半年間使用した後に、次に示す点で改善が分からない場合は、使用を即刻やめてクリニックのドクターや薬剤師と話し合う必要があります。

  • 脱毛状態の進行
  • 産毛や軟毛の新規発生度
  • 太い毛の発生
  • 抜け毛の頻度等(太い毛髪だけでなく、細く短い毛髪の抜け毛が減ったケースも治療の目安となります

使用開始してから、次のような悪化や脱毛があった場合はは、使用を即刻中止して病院のドクターや薬剤師と話し合いが必要です。

  • 脱毛状態の悪化
  • 毛髪の弱体化
  • 頭髪以外の脱毛
  • 頭皮の異常な腫れや赤み
  • まだら状の脱毛
  • 急速なな脱毛

その他、ミノキシジルを使う際に気に留める必要があるのは次の通りです。

  • ミノキシジルに即効性はありません。効能があるかを確かめる為にも、最低4ヶ月以上の使用が条件になります。
  • 毛髪の生育する速度には人それぞれ個人差が存在するので、万人に十分な効能が現れるわけではありません。
  • 使用をやめると効果が切れ、段々と使用する元に戻ります。ミノキシジルはAGAを根本的に治療する医薬品では無いため、効能を保持するには続けて使用する事が必要です。

参考:製品情報 | リアップX5プラス | 大正製薬

ミノキシジルの通販で購入できるミノキシジルの外用薬

当サイトでは通販で購入できるミノキシジル製剤として、外用薬のツゲイン、内服薬のロニタブを紹介しています。

ツゲインは海外でミノキシジルの外用薬として販売されているロゲインのジェネリック医薬品で、販売元はインドのシプラ社です。
ツゲインは成分含量によって2%、5%、10%の3タイプがあります。当サイトでは代表的な成分含量である5%を紹介しています。

ミノキシジルの詳細はこちら

通販で購入できるミノキシジルの内服薬

ミノキシジルの詳細参照

ロニタブは海外でミノキシジルの内服薬として販売されているロニテンのジェネリック医薬品で、販売元はインドのインタスファーマ者です。

カミノル
カミノル

最後まで読んで頂きありがとうございます。他にもAGA治療についての記事がリますのでよろしければご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました