フィンペシアの服用について知っておくべきこと

AGA治療

用法及び用量(フィンペシア)

カミノル
カミノル

今回はフィンペシアの服用方法についてご紹介します。正しくフィンペシアを飲んでAGA治療をより良いモノにしましょう。

1日1回1錠のフィンペシアを規則正しく服用しよう

フィンペシアの用法及び用量として1mgの錠剤の場合1日1回1錠を服用して下さい。絶対に守り必要があるのでが1日摂取して良い、フィンペシアの成分であるフィナステリドは1mgが上限ですので2錠以上は飲まないようにしてください。
国内での先行薬プロペシアでは少ない容量から試していきます。まずは1日に0.2mgから服用していき適切な容量を調整していきます。ただ国内では0.2mg容量のプロペシアが認可されており、服用量の微調整ができます。微調整は出来ますが服用量の上限は変わらず1mgとなります。

服用の時間には基本的に決まり事はありませんのご自身のご都合の良いタイミングで服用できます。ただ、病院や薬局で一般的に言われている事ですが、服用する時間は食前や食後、寝る前など、自分が服用を忘れないタイミングを選択するのがより良いでしょう。服用と服用の間をを24時間に出来るだけ近くしていく事でドラッグ効果が平均的になり安定するので、毎日同じ時間に服用するように努力しましょう。
また、現状において飲み合わせはフィンペシアを他のお薬と同時に服用する事で禁忌が起きる様な医薬品はありません。

服用と服用の間をを24時間に出来るだけ

フィンペシアを服用していく年数

基本的に長期的に服用が必要になるフィンペシア

フィンペシアを服用していく期間はAGA様態によって人それぞれですが、ベーシックは年単位の長いタームでの服用で間違いないと思って下さい。

最低限半年はフィンペシアの効能が明確に出でこないと一般的に言われており、この時期は忘れずに日々習慣付けて服用します。
ただ早い人はおおよそ3ヶ月で効能が現れるケースもあることにはありますが、薬を飲むのを中断してしまうと再度AGAの症状が悪くなる場合があるので、続けて服用しなければ無意味になってしまいます。

フィンペシアによってAGAの改善傾向が見られた後も、その改善傾向をキープする為に服用し続けます。薄毛に気付かない様な毛髪にボリュームが生まれるまで1年~3年は覚悟したほうが良いです。

フィンペシアにおける初期脱毛と副次的作用

フィンペシアの摂取のより、副作用としてED・精液減・性欲減退少のような性的な機能の低減が起こる場合もありますが、もし生活に支障をきたすまでなっているのならば一時服用をやめその後、体調の経過を見ましょう。 長いタームでの服用が基本となるフィンペシアによるAGA治療、諦めずめげずに習慣的に服用することが重要です。
だた、6ヶ月経過しても一向に効能が出ないケースは、毛髪に悪い影響を与えている可能性があり生活習慣や洗髪に原因がある可能性があり、フィンペシアによる治療効果を妨害している事もあります。
毛髪や頭皮を大事にせず傷みつける生活習慣は、治療効果が出ないでけでなくフィンペシアを服用後、初期に現れる大量脱毛、初期脱毛を長引かせる要因ともなります。
フィンペシアを服用しているからといって、頭皮の面倒を見ずに不規則な日々を送ると、治療を長引かせてしまいます。
AGAの治療をフィンペシアでで行う際には、栄養価のバランスを考えたの食べ物を食べ、適宜スカルプケアを実行するのが大事です。

併用するとより良いミノキシジル

発毛効果が認められているのはミノキシジルだけ

抜け毛を止めてヘアサイクルをリセットするのがフィンペシアです。あくまでも髪の生え変わりの周期をリセットする間接的な薬ですので、発毛効果はありません。その無い発毛効果を補うためにフィンペシアと併用されているのがミノキシジルという発毛剤になります。
ミノキシジルは血管を拡張させる作用によって頭皮の血の通りを良くし、毛根部分の毛乳頭や毛母細胞を活性化させます。

ミノキシジルは当初、高血圧のお薬として研究された医薬品ですが、プロペシアと同じく脱毛症に対する治療効果が見出されたので、発毛剤としても使用される事になりました。日本では商品名リアップとして、大正製薬より売られています。みなさんもCMを見たことがあるのではないのでしょうか?
ミノキシジルに複数の種類があり、塗り薬と飲み薬がの2種類があります。日本で認可を受けているのは塗り薬のリアップとメディカルミノキです。内服薬のロニテンというのもありますがAGAの治療にに対しては認可されておらず認可内での使用はできません。ただ、外用薬よりも内服薬の方が成分が患部に浸透しやすい特徴があり、AGA治療においては外用薬よりもよい効果が見られるでしょう。

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL【大正製薬】
【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL【大正製薬】

ミノキシジルはフィナステリド(フィンペシア)との組み合わせは相性がとても良いとされています。正しい使い方をすればAGA治療において素晴らしい相乗効果が想像されますので、用法・用量を守って効果的に使いましょう。

カミノル
カミノル

ミノキシジルついて詳しくは別の記事にしていますので詳しく知りたい方はそちらをご参照下さい。

ミノキシジルを使った治療方法

ミノキシジル外用薬を塗る際には1日2回、1回1mlを脱毛箇所の頭皮に直接塗っていきます。
ミノキシジルの外用薬は、オンラインサイトで沢山のの後発医薬品が見られます。種類としてはリキッドタイプからムースタイプまで多種多様です。それぞれ詳細な使用方法は違いますが、基本的にとしてはじめに述べた用法・用量を遵守しましょう。
ミノキシジル外用薬にも副作用があります。例としては頭皮の痒みがあったりしますが大体の方が使用を中断すれば症状が改善されるでしょう。副作用がひどかったらり気になる方はクリニックで相談する事をおすすめします。

ミノキシジル内服薬の服用に際して

ミノキシジル内服薬はAGA治療に対する認可が取れていない為、AGAに対する正式な用法や用量は決められていません。そのためAGA治療に使用するミノキシジル内服薬を飲むことは完全に自己責任となりますのでご留意下さい。
なお一般にはミノキシジル内服薬を服用する際は、1日1回、1錠(5~10mg)を摂取します。
副作用としてミノキシジル内服薬は胸の痛みや動悸等、心臓の血管等の血管系の副作用が現れやすいのでで、心機能に障害を持っている方はいきなりの服用をさけ、服用前に必ず病院の先生に相談をしましょう。

カミノル
カミノル

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を参考にみなさんがより良いAGA治療が出来ることを願っております。他の記事も是非、読んでみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました